この記事を読んでわかること

■アンプルールとビーグレン、結局どっちが効果あるの?

■もう迷わない!アンプルールとビーグレン どっちを使ったらいいのか

 

ビーグレンの6422円→1800円で試せるのは公式サイトのみ!

↓↓

>>ビーグレン公式サイト

 

アンプルールとビーグレン、

 

どちらを使うか迷っていましたが、

 

はっきりいってどちらがいいのか違いがわからないでいました。

 

 

それと、アンプルールとビーグレンってそれなりのお値段ですが、

 

本当に高い基礎化粧品を使うと効果があるのか?

 

もちょっと疑問だったんですよね。

 

 

もともと安い値段の基礎化粧品を使っていた私。

 

ドラッグストアにあるケシミンシリーズやハトムギ化粧水や

 

無印良品の化粧品など、口コミでも評判のいいものをあれこれ使ってました。

 

色々試してみたけれど、

 

吹き出物ができたり、乾燥したり。納得できるものには出会えませんでした。

 

 

お気に入りの化粧品が決まらない中、

 

試しに買ってみたビーグレンアンプルールを使ってみたところ

 

肌のしっとりさが全然ちがう!肌の調子がめちゃ良い!

 

安い化粧品と高い化粧品の浸透力の差や効果の差に

 

目から鱗がボロボロ落ちました。

 

 

結果、どちらかの化粧品を継続していこう!と決めたわけですが、

 

アンプルールとビーグレン、

 

最終的にどちらに決めたのか、

 

その使い心地や決め手をこれからご紹介いたします!

 

アンプルールとビーグレン シミが目立ってきた肌にオススメなのは?

アンプルールとビーグレン、

 

どちらもドクターズコスメでハイドロキノンなども配合してある

 

シミを気にする人にとっても人気の化粧品なんですけど

 

それぞれ使用感も違いましたので、

 

まず、それぞれの使用感を紹介します。

(最終的にオススメなのはどちらなのか、は記事の一番最後発表しています。)

 

アンプルールはエイジングケアにGOOD!リッチな潤いが特徴

使ってみたのはアンプルールの美白ケアセットです。

 

品名 価格(定価) 使用感
ローションAOⅡ

5500円 化粧水はとろみがあるんですけど、ぐんぐん浸透していきます。

とっても潤うから、秋冬の乾燥する時期はいいけど、夏の湿度の高い時期はちょっとベタつきが気になります。

ハンドプレスしてしばらくすると肌に馴染むのでしっかりお肌に時間をかけたいっていう方にはいいかと!

私みたいに、時間が無い!パパっとスキンケア終らせたいって方には、ちょこっと手間(>_<)

薬用アクティブフォーミュラⅡ

8800円 美容液はゲルで柔らかく、軽くて良く伸びます。

シミが出来るのを抑制するハイドロキノン誘導体(アルブチン)とかメラニンの排出を促すビタミンC誘導体が入ってて顔全体のシミ予防に効果が期待できます。

エマルジョンゲルEX

9130円 クリームは濃すぎないゲル系で、柔らかいので伸びがばっちり。

塗って少しするともう肌に馴染んで、浸透がイイです。

固いクリームじゃないので、スルスルっと広がる伸びの良いクリームです。

セラミドカプセル型ヒアルロン酸を始め、沢山の保湿成分が入っています。

ハイドロキノン誘導体(アルブチン)が入っているのも特徴。

注)ハイドロキノンでは無いです。整肌成分ですね。

化粧水がしっとりタイプなのでゲルクリームは軽いのかな?

コンセントレートHQ110

11000円 最後にこのコンセントレート!これが大事!

ハイドロキノン配合で、気になる箇所にクルクルっと塗り込んで使います。

ハイドロキノン2.5%配合の濃い~美容液クリームです。

気になるシミに塗り込めるので、顔全体に使うよりも効果が高いクリーム!

 

ビーグレンは使う前と使い始めてからの肌に違いがハッキリわかる!

使ったのはビーグレンのホワイトケアセットです。

 

品名

価格 使用感
クレイウォッシュ

4290円 泡立たない洗顔でまずびっくり!

最初はちょっと洗い残しがあるかなあ?というしっとりした洗い上がり。

でもしっかり汚れは落とされてます。

クレイウォッシュに入っているモンモリロナイト※っていう帳微粒子クレイが、汚れや余分な皮脂を吸収吸着して落としてくれます。

クレイウォッシュで洗顔して一番びっくりしたのは翌日の肌!

いくら洗顔しても翌日の朝はおでこにアブラがうっすらと浮いてたのに、

クレイウォッシュで洗顔したときはアブラ浮きが無かった!

頬乾燥してるのにTゾーンテカリやすい私大歓喜(^▽^)

QuSomeローション

5500円 化粧水は浸透力バツグン

『QuSome』の浸透技術が使われています。とろみのないサラっとした化粧水です。

500円玉大くらいの量を手にとってお肌につけます。

付けるとすぐに肌に馴染んでお!浸透してる!って感じます。

馴染んだあとベタつくことは無くて、ちょうどいいしっとりしたお肌に。

すぐ肌に馴染むから、次のステップにすぐ移れるのもGOOD。

時間のない主婦にもぴったし!

ビタミンC誘導体が含まれているけど刺激もなくて適量でしっかりと潤いを与えてくれる化粧水です。

Cセラム

5170円 私的にはビーグレンのポイントはこれ!っていうくらい、推しの美容液。(どれもオススメなんですが(笑)

ピュアビタミンCが高濃度で配合されてる美容液です。

ビーグレンのCセラムは、ビタミンCの中でも効果の高いピュアビタミンCを、独自の浸透技術『QuSome』で包んで角層に届けるから、お肌にも刺激が無く、しかもちゃんと浸透して角層で効果を発揮してくれる!っていう良い事ずくめ。

すこしだけとろみが合って、オイルみたい。塗ると肌があったかくなります。

ベターっとはしないけど、薄く膜があるかな?くらいの軽い付け心地。

オイルはちょっとべたつくからヤダな…って方でもだいじょうぶですよ( ´∀`)bグッ!

肌にギュギューっとビタミンCを浸透させてくれます。

QuSomeホワイトクリーム1.9

6600円 ビーグレン2つめのオススメと言える化粧品。

ハイドロキノンが配合されてるのに顔全体に使えるクリームQuSomeホワイトクリーム1.9です。

名前の数字の通り、ハイドロキノンが1.9%配合されてます。

ハイドロキノンは、シミの還元作用がある成分なんですけど、肌に刺激のある成分でもあって、紫外線に当たると毒性も持ちます

また、これまた肌に浸透しにくい成分なので、塗っても浸透せず効果が….なんてことも。

このハイドロキノンもビーグレンの浸透技術『QuSome』で包んでお肌に刺激は与えず、角層まで浸透させてくれるんです。

ビーグレンの研究の結晶ですね^^顔全体に塗ってトーンアップしたい私にはうってつけ

写真に写っている量くらいちょこっとで顔全体に塗ることが出来ます。

伸びが良いしそこまで厚く塗らなくてもOK。

塗り心地は普通のクリーム。重くなく、軽いクリームです。

QuSomeモイスチャーリッチクリーム

7700円 商品名の通り、リッチな濃いクリームです。

これまで使った全成分をぎゅっと包み込んで閉じ込めます。

ベタつきは無いのに、しっかり保湿してくれてる保湿感と、肌に馴染んだ後も外の刺激から守られていると感じるクリームです。

濃いクリームだとべたついたりテカテカするのがイヤなんですけど、そういうのは一切なく、肌触りサラリでとてもGOOD(*^-^*)

朝、お化粧前に使っても全く重くないクリームでした。

※↑モンモリロナイトの役割(ビーグレン公式サイトより引用)

 

結果発表!シミが気になる人にはビーグレン!

使用感をお伝えしたところで、さっそく結果発表!

 

シミをなんとかしたい!と切実に悩んでいる人には

 

ズバリ ビーグレンがおすすめです。

 

なぜか??

 

その理由をここからご説明していきます。

 

ビーグレンを選ぶ理由その①ビーグレンのほうが価格が安い

アンプルールはどれを使ってもバラの香りがして

 

お風呂上りに使うのが楽しみになる化粧品です。

 

加えて浸透もとてもイイ!

 

翌朝の肌のなめらかさは、うっとりなででしまうほどでした。

 

ただ、ラインで揃えるとビーグレンに比べて値段が高い(´;ω;`)

 

 

やっぱり値段も重要!ラインで揃えると月いくら?

定期便割引などを最大限使った場合の一覧がコチラ

↓↓

アンプルール ビーグレン
洗顔 3960円 3217円
化粧水 4950円 4125円
美容液 9900円 4950円
クリーム 8217円 5775円
月 合計 2万7027円 1万8067円
年 合計 32万4324円 21万6804円

 

定期便割引などを最大限使っても、

 

年間10万円以上アンプルールが高いんです。

 

 

アンプルールとビーグレン両方を使ってみて、

 

価格の差分アンプルールが抜群によかった!

 

という訳じゃなかったんです。

 

 

使い心地や効果も大事だけれど、価格も大事。

 

キレイになったら、服を買ったりオシャレしたり、

 

お出かけにもお金使いたいですからね!

 

ワンポイント

値段を気にするなら、薬局の1000円以下の化粧品シリーズでいいんじゃない?

 

わたしも最初はそう思い、プチプラの化粧品も試しました。

 

ビーグレン、アンプルールとプチプラ化粧品と両方使ってみて

 

プチプラの化粧品は、肌に浸透していかない!

 

いつまでも肌の上に乗っていて浸透しないんです。

 

対してビーグレンやアンプルールはお肌にのせるとグングン肌に

 

吸い込まれていくのがわかります。

 

化粧水の成分はほとんどが水で、

 

安いほど水の割合が増え有効成分の割合は減らしてあるんだとか。

 

プチプラ化粧品に貼ってあるPOPで『同じ成分でこの値段!』と書いてあるのを見かけますが、

 

そもそも浸透力も配合量も違うんじゃ効果も全然ちがいますよね。

 

 

ビーグレンを選ぶ理由②ドクターズコスメとして成分や技術について詳しく説明をしてくれている

アンプルールもビーグレンもドクターズコスメなのですが

 

どういった技術を使ってるとか、こういう技術だから効果がある、とか

 

そういう説明がビーグレンに比べてアンプルールはないんです。

 

アンプルールのハイドロキノンについての説明はこう↓↓

新安定型ハイドロキノンについてサラっと書いてあるだけ….

 

 

対してビーグレンの独自の浸透技術についての説明はこう↓↓

公式サイトではさらに動画での説明や学術文献や開発秘話まであります。

↓↓

引用元:https://www.bglen.net/LP/qusome_article.html

 

 

ビーグレンは、もともと医療技術として開発された

 

Qusome🄬』という独自の浸透技術を持っています。

 

皮脂に近い成分の超極小のカプセルで有効成分を包み込んでいるから

 

・浸透しにくい成分も肌に浸透させることができる

・成分を包み込むから刺激を軽減できる

・カプセルから徐々に成分が出て効果が持続する

 

ということを、詳しく説明してくれています。

 

 

せっかく高価なドクターズコスメを使うなら、

 

こういう最先端技術が使われてるから効果があるんだ!って

 

自信を持って使いたいもの。

 

アンプルールはこういった説明が詳しくなかったことが残念でしたね。

 

 

【ドクターズコスメとは??】

 

医師が化粧品の開発などの関わって作った化粧品のコト!

 

医薬品ではなく、あくまで化粧品です。

 

ドクターズコスメの特徴は、化粧品に含まれる成分の安全性が

 

高いのが特徴です。

 

低刺激・高品質な化粧品で、

 

肌が荒れやすい方や敏感肌の方にもオススメできる場合が多いです。

(どんな人にも合うという訳ではありません。心配な方は

必ずパッチテストを行ってから使ってくださいね!)

 

デメリットは、開発費が高い・高品質な成分を使っていることから

 

化粧品の価格が高いところですね(>_<)

 

ビーグレンを選ぶ理由③有効成分を肌に浸透させることへの強いこだわり

とにかく、美容成分は肌に浸透しなきゃ意味がない!

 

とハッキリと公式サイトにも書いているだけあって、

 

成分を肌の角層に届けるために並々ならぬ研究がされています

高濃度のピュアビタミンCや顔全体に塗れるハイドロキノンクリームなど

 

本来肌に浸透しにくい成分を独自技術で肌に浸透させやすくして、

 

しかも肌への刺激も少ない

 

効果も期待大です(*‘∀‘)

 

 

ワンポイント

『普通の化粧水にもビタミンCって入ってるじゃん。なにが違うの?』

 

って思いますよね。

ビタミンCって本来、化粧品に配合するのがとっても難しい成分。

なぜかというと

 

・すぐに変質してしまう

・高濃度に配合すると肌が荒れる

・肌に浸透しない

 

こんな気難しい成分なんです。

でも、お肌にはとっても良い効果があって

 

・毛穴ひきしめ

・皮脂バランスを整える

・肌にハリを与える

・(濃度の高いビタミンCは)シミ還元作用

 

などなどなど。美肌には欠かせない成分なんです。

だから、化粧品にはビタミンCが配合されてるんですが

入っているビタミンCが肌に浸透しているか、

美肌効果の高いビタミンCなのかは、全く分からないんです。

(ビタミンCにはいくつかの種類があります)

 

そんなビタミンCの中でも、ピュアビタミンCは効果が高く、

でも変質しやすいこと、刺激が強いことから、配合が難しいとされています。

 

 

ビーグレンを選ぶ理由③ビーグレンの方が返品保証が充実している

アンプルールは開封後の返品も基本的に受け付けていないんです。

 

公式のチャットボットで返品について聞いてみたところ、

 

このような回答でした。

返品・交換は、到着後8日以内の未開封商品でしたら可能です。商品に不備などがあった場合は、開封後でも承ります。まずはお客様窓口までご連絡ください。

商品に不備があった時のみ開封後でも返品OK。

 

ということは、使ってみて肌に合わなかったなどでは

 

返品は受け付けないっていうこと….(>_<)

 

 

対するビーグレンはというとコチラ↓↓

注文から365日の返金保証(;゚Д゚)

 

しかも、開封して使ってしまってからでも返金可能

 

これはもう

 

使って貰えれば効果は感じられるはず!

 

というビーグレンの自信の表れですね。

 

そして

 

『使ってしまってからでも返品が出来る』という

 

返品保証を付けることにより、

 

より安心して購入してもらいたい

 

という購入者への配慮でもあります。

 

 

注文から365日返金保証付き 使った後でも返金してもらえるのは公式サイトだけ!

トライアルセットも公式サイトなら返金保証付き

↓ ↓ ↓

⇒ビーグレン b.glen 公式サイトこちら

 

 

 

ビーグレンのリアルな口コミ 実際使ってる人の感想は?

ビーグレンを実際に使ってみた人のコメントも見てみましょう。

 

 

 

 

 

Twitterで実際に使っている人の口コミを見てみたところ、

 

・毛穴が小さくなった

・吹き出物ができにくくなった

・肌の調子が良い

・肌がテカりにくくなった

 

などの意見がありました。

 

反対に

 

・毛穴は小さくならなかった

・使ってみたら肌が荒れた

 

という意見もありました。

 

 

肌に合えば一番いいんですけど、

 

合わなかった場合も、トライアルセットで試すだけなら

 

送料無料1980円(税込)で安い!

 

しかも365日返金保証も付いてるから

 

「買ってみたけど結局1回使っただけ。合わなかったからもう使わないし・・・」

 

なんて場合は返金してもらっちゃえばOK

 

安心して試してみることが出来ますね(*^-^*)

 

断然ビーグレン!値段も技術もイチオシ!

では改めて結果発表!!

 

自分の使用感や、価格、化粧品に使っている各社の技術を比べてみて

 

わたしは断然ビーグレンをオススメします。

 

アンプルールは使っているときに香りに包まれて

 

リッチな気分になれるんだけど、

 

ビーグレンの方が肌をより良くしてくれているのを日に日に感じました。

 

 

化粧品の成分として使うのが難しいピュアビタミンCやハイドロキノンを

 

肌に安全に使えるようにする技術、

 

それらの肌に浸透しにくい成分を、肌に浸透させる独自の技術が

 

ビーグレンのオススメポイントです(*^-^*)

 

プチプラ化粧品をどんなに使っても効果は無かった。

 

モコモコ濃密泡を作って優しく洗顔

 

コットンを化粧水でひたひたにしてしばらくパック

 

なにをしてもなんの変化も無かった肌が、

 

ビーグレンを使ったら

 

トミコ
トミコ
肌の調子がイイ!潤いもあって肌が明るくなってる!( *´艸`)

 

と日に日に実感できたのも決め手ですね。

 

ほんとにうれしかったです。

 

特にビックリしたのは、

 

もう万年お付き合いしてる細かいおでこニキビが

 

ビーグレンを使い始めたらスーっと落ち着いてきて、

 

お肌がきれいになってきたこと(゚Д゚;)

 

ほんっとうにビックリして、主人にも見て貰っちゃいましたもん。

トミコ
トミコ
これはホントに効果あるんだ….。

ビーグレン独自の浸透技術はホンモノだあ!!

 

って一気に信者に(笑)

 

 

肌がきれいになって潤いが戻ってくると

 

肌が明るくなるからシミも目立たなくなって

 

お買い物中に見る鏡もう怖くない!店員さんの目だって気にしない!

 

試着だって、今はもうどんとこいです(笑)

 

 

 

 

ビーグレンとアンプルールを両方実際に使ってみて、

 

価格と効果と技術を比較してみた結果、

 

ビーグレンの方が価格も効果も技術も優れている!

 

という結論になりました(`・ω・´)ゞ

 

ビーグレンの推しポイントはこれ!

最後にビーグレンのオススメポイントまとめます。

 

  • ビーグレンはアンプルールよりも低価格!

比較表もう一度じっくり見てみてください。

↓↓

アンプルール ビーグレン
洗顔 3960円 3217円
化粧水 4950円 4125円
美容液 9900円 4950円
クリーム 8217円 5775円
月 合計 2万7027円 1万8067円
年 合計 32万4324円 21万6804円

 

 

ビーグレンの方が年間10万円も安いですね。

 

  • 技術説明や論文を公開している

浸透技術についての説明や論文が公式ページに公開されていて、

 

医師監修のドクターズコスメとして、

 

刺激のあるハイドロキノンも安心して使うことが出来ます。

 

 

  • 365日の返金保証付き!!

注文から365日返金保証がついています

 

365日の期間の長さにもびっくりですが、

 

開封して使ってしまった後でも返金してもらえます

 

なので、安心して試してみることが出来ますね(*^-^*)

 

 

以上の理由から、私はアンプルールよりもビーグレンをオススメします

 

 

毎日シミを隠すために、ファンデを厚塗りしていることに

 

もうこりごりしてるあなたに、ぜひ試してみて欲しい化粧品です!

 

 

 

ビーグレンの返金保証付きは公式サイト限定特典です!

もちろんトライアルセットも返金保証付き!

⇒ビーグレン公式サイトはこちら

 

 

 

 

投稿日:2019年5月29日 更新日:

執筆者: