アンプルールとビーグレン比較

ハイドロキノン配合のおすすめアイテム!選ぶポイントも紹介

投稿日:

この記事を読んでわかること

 

・ハイドロキノン配合のアイテムはどれがおすすめなのか。

 

・濃度が高ければ良いわけじゃない!ハイドロキノン化粧品の選び方のポイントをご紹介。

 

 

 

 

美容皮膚科でやらかしてしまった!!

 

つい先日、お友達が美容皮膚科の割引券をくれたんです。

 

シミに効くピーリングが1000円で出来るよって。

 

もちろん1000円のピーリングだけするつもりで美容皮膚科へ。

 

そこで施術してくれた肌がめっちゃキレイなお姉さんが

 

まあ!このシミにはピーリングは効きませんね・・・

 

あなたのシミにはこのレーザーの方が効果ありますよ!

 

「ここはちょっと将来シミになりそうな箇所ですね。

 

今のうちにケアを始めておかないとシミだらけになってしまいますよ!」

 

ってズバズバ言うわ言うわ。

 

 

ここで、

 

「いえ、お試し1000円のピーリングだけしに来たんで!」

 

って言えるハートの持ち主だったら良かったんだけど、

 

あの豪華なオシャレ空間と肌がツルピカお姉さんを前にして

 

なぜか見栄を張ってしまった私。

 

「そうですか、じゃあそれで!」

 

ああああああああ・・・言ってしまった。

 

結局お試しのピーリングもして貰い、

 

しめて1万2000円。

 

1回こっきりのレーザーにしたから次回は無いけど

 

美容皮膚科・・・・やっぱり高い(ノД`)・゜・。

 

という訳で!

 

やっぱりシミケアはお家でコツコツと続けるのが一番ですね。

 

 

シミを還元してくれる作用を持っているハイドロキノンは、

 

以前までは医師の処方が必要だったのですが、

 

最近では市販の化粧品にも配合されているものもあって、

 

お家で気軽にシミケアとして

 

ハイドロキノンを取り入れるとが出来るようになりました。

 

そこで、

 

ハイドロキノン配合のおすすめアイテムを

 

ご紹介していきたいと思います。

 

ハイドロキノン配合のおすすめアイテムはズバリこれ!

ハイドロキノン配合アイテムのおすすめは2つ!

ハイドロキノン配合アイテムの中で、私がおすすめするのはコチラの2つ!

 

●アンプルール コンセントレートHQ110 11ml 価格 11000円

 

●ビーグレン Qusomeホワイトクリーム1.9 15g 価格 6600円

 

なぜこの2つがおすすめなのか、1つづつ説明していきます。

 

と、その前に。

 

なんでこの2つがおすすめなの?をご説明しますね。

 

プチプラハイドロキノン配合アイテムではダメなの?

ぶっちゃけamazonとかでもっと安い

 

ハイドロキノン配合アイテムあるじゃん。

 

って思いますよね。

 

私も思いました(笑)

 

でもちょっと待って!!

 

ハイドロキノンっていう成分は

 

それだけでは肌に浸透しにくい成分なんです。

 

シミは肌の中にあるものだから

 

肌に浸透してくれないと効果が無い。

 

空気に触れると酸化してしまう不安定な成分でもあります。

 

しかもハイドロキノンは肌に刺激のある成分なので、

 

ちゃんと配慮していないハイドロキノン配合アイテムだと

 

肌が荒れてしまう可能性もあるんです。

 

 

ハイドロキノン配合アイテムを使う時は、

 

多くの人が使っていて信頼があり、カスタマーセンターなどに

 

ちゃんと問い合わせも出来るメーカーのものを購入しましょう。

 

アンプルール コンセントレートHQ110はポイントで気になるシミに

では、おすすめアイテムの説明に戻りますね。

 

アンプルールのコンセントレートHQ110は、

 

気になっているシミに塗り込むタイプの美容液です。

ハイドロキノン配合率は2.5%です。

 

肌への浸透や成分の安定性なども

 

しっかりと研究されているドクターズコスメです。

スポット塗りの美容液なので、

 

ココのこのシミが気になる!集中ケアしたい!

 

というシミにうってつけのアイテムです。

 

ビーグレン Qusomeホワイトクリーム1.9は全顔に塗れる!

Qusomeホワイトクリーム1.9は

 

ハイドロキノン1.9%配合で、アンプルールよりも濃度は低めなんですが

 

顔全体に塗れるハイドロキノン配合アイテムなんです!

 

こちらも、肌への浸透や成分の安定性などしっかりと研究されている

 

ドクターズコスメで安心して使うことができます(*^-^*)

顔の広い範囲にシミがあって、スポットケアじゃ追いつかない

 

っていうシミにぴったりのアイテムです(*^-^*)

 

アンプルールとビーグレン、結局どっちがおすすめなの?

アンプルールはスポット用、

 

ビーグレンは顔全体用っていうのは分かったけど、

 

結局のところ、

 

どっちがおすすめなハイドロキノン配合アイテムなの?

 

という方には!

 

ビーグレンのQusomeホワイトクリーム1.9をおすすめします!

 

なぜか??その理由は3つ!

 

●ビーグレンは浸透技術の研究にかなり力を入れている!

 

●同じドクターズコスメだけど、ビーグレンはアンプルールよりも価格が安い!

 

●ビーグレンは、注文から365日返金保証付き!

 

 

この3つのおすすめポイントや

 

ビーグレンとアンプルールの価格の比較、

 

なぜプチプラ化粧品よりもビーグレンの方が効果が高いのか

 

などについて、コチラの記事で詳しく書きましたので、

 

気になる方はこちらの記事も一緒にどうぞ!

↓↓

アンプルールVSビーグレン徹底比較!シミをなんとかしたい人はこの化粧品

 

濃度が高ければ良いわけじゃない!ハイドロキノン配合アイテムを選ぶときのポイント

最後に、ハイドロキノンの濃度についての疑問を解消しましょう。

 

ハイドロキノンって濃度が高ければシミが良く消えそうなのに、

 

ビーグレンは1.9%、アンプルールは2.5%って

 

低すぎない?

 

と思いますよね。

 

この、濃度について説明します。

 

 

ハイドロキノンは、先ほども説明したように

 

シミの還元作用がある一方で、肌に刺激のある成分なんです。

 

濃度が高ければ刺激も強くなってしまいます。

 

 

シミは紫外線以外にも、刺激を受けることで出来てしまいます。

 

ということは

 

濃度の高いハイドロキノンを塗ってしまうと

 

逆にシミが出来てしまうということになりかねないんです!!

 

 

ビーグレンやアンプルールは、

 

肌への刺激を減らすために、ハイドロキノンを極小のカプセルに包んだりと

 

いろいろな工夫をして配合してくれています。

 

 

そして、もともと肌に浸透しにくいハイドロキノンを

 

肌に浸透しやすくする工夫もしているから、

 

濃度が2%前後でも、効果が期待できるっていうことなんです(*^-^*)

 

いくら濃度が高くても、肌に浸透しなければ意味ありませんからね(笑)

 

結果:ハイドロキノン配合アイテムはビーグレン一択!

ということで!

 

ハイドロキノン配合アイテムでおすすめなのは

 

ビーグレンのQusomeホワイトクリーム1.9

 

という結果になりました。

 

 

ぶっちゃけ、ハイドロキノンクリームなら

 

自費ですが皮膚科でも購入できるんです。

 

でも皮膚科でもらうのは濃度が高いし、レチノールと併用するので

 

一時的に肌が剥けたり荒れたりする方も多いんです(>_<)

 

そうなると、肌を隠さないと外出できなかったり、

 

荒れたお肌は化粧にも気を使いますよね。

 

 

シミケアをしていきたいなら

 

顔全体に使えるビーグレンが一番コスパが良く、

 

安心して使えるアイテムだと確信しています(*^-^*)

 

-アンプルールとビーグレン比較
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アンプルールとビーグレン 価格が安いのはどっち?

アンプルールもビーグレンも、   肌がとっても綺麗になるから大人気ですよね!   シミに効果バツグンのハイドロキノンが入っているし、   ビタミンC誘導体とか色々な美肌成 …

気になるニキビ跡 効果があるのは?アンプルールvsビーグレン

この記事を読んでわかること ・ニキビ跡に化粧品は効果があるのか   ・ニキビ跡に使うならアンプルールかビーグレン、どちらが効果あるのか?   大人になってからニキビ跡に &nbsp …

アンプルールとビーグレンを併用するのはOK?NG?

ビーグレン使ってるけど、アンプルールも捨てがたい!   どっちもそれぞれにいいポイントがあるんですよね。     どちらを継続しようかなーと迷って、口コミを見ていたら、 …

ハイドロキノン配合化粧品 使うならビーグレン?アンプルール?

シミに悩んで早数年……   旦那には老けたと言われ、   息子たちにはシミを「てんてんあるー」と数えられ   鏡で見るのももう苦痛(´;ω;`) …

ビーグレンVSアンプルール しわが目立つオバチャン顔にはどっちが効果あり?

この記事を読んでわかること ・しわには ビーグレンVSアンプルールどっちが効果あるの? ・シワ撃退にはビーグレンVSアンプルール どちらを使ったらいいかのか 自分にしわができるなんてー…& …