アンプルールとビーグレン比較

アンプルールとビーグレンを併用するのはOK?NG?

投稿日:

ビーグレン使ってるけど、アンプルールも捨てがたい!

 

どっちもそれぞれにいいポイントがあるんですよね。

 

 

どちらを継続しようかなーと迷って、口コミを見ていたら、

 

アンプルールとビーグレンを併用するとシミにより効果的!

 

っていう記事が!?

 

 

併用するとか….だいじょうぶなん?

 

とちょっと不安になりながら、

 

でもシミに効果的とか言われると興味深々のワタクシ。

 

 

さっそく調べてみました!

 

アンプルールとビーグレンを併用するのってだいじょうぶ?

 

アンプルールとビーグレン いっしょに使ってだいじょうぶ?

アンプルールとビーグレンの化粧品には、

 

ハイドロキノンやビタミンCやレチノールなどが

 

成分として使われています。

 

わたしが、併用してだいじょうぶ?って思った理由は、

 

ハイドロキノン、レチノールが入っているから。

 

 

ハイドロキノンは、シミの還元作用がビタミンCよりも強く

 

海外では古くからシミ治療に使用されていましたが、

 

強い成分なので、日本で化粧品として認可が下りたのは

 

2001年になってからです。

 

 

シミの還元作用がある反面、

 

肌に塗った後に強い紫外線に当たると、その部分のシミが濃くなってしまったり、

 

人によっては肌が荒れたりしてしまう成分です。

 

 

レチノールは、

 

お肌に塗ると新しい細胞が生まれ、肌を若返らせる効果があります。

 

ですが副作用もあって、

 

「レチノイド反応」という、 塗った部位のお肌に熱感、赤み、皮膚が剥がれる、

 

などが起こります。作用の弱いレチノールは軽度です。

 

(病院ではもっと作用の強いトレチノインが処方されますが、

 

市販の化粧品ではトレチノインは手に入れることが出来ません)

 

 

こういった成分のハイドロキノンとレチノールが配合されている化粧品を

 

併用して大丈夫なのか?

 

心配になりますよね。

 

 

というわけで、実際にアンプルールとビーグレンに聞いてみちゃいました。

 

 

アンプルールとビーグレン 併用しても大丈夫なのか聞いてみた!

問い合わせた内容は、

 

ハイドロキノン(トレチノイン)配合の御社の化粧品と、

 

他社の化粧品を併用しても大丈夫でしょうか?

 

という内容です。

 

 

各社のお返事内容はコチラ(要約してます)

 

アンプルールからのお返事

弊社の商品に関しましては、

他社製品と併用して頂いても問題ございません

 

しかしながら、

他社製品との併用を禁止されている

お化粧品会社もございますので、

念のため併用いただくお化粧品会社側へも

ご確認いただく事がお勧めでございます。

 

ビーグレンからのお返事

ビーグレン製品は、他社のスキンケア製品とご併用

いただくことは可能でございます。

ただ、ハイドロキノン配合の他社製品と、QuSome

ホワイトクリーム1.9とのご併用は、トータルの

ハイドロキノン濃度が上がってしまいます

このため、毎日のスキンケアをご継続いただく製品と

しては、肌に刺激を感じられる可能性がございますので、

併用はお控えくださいませ

 

アンプルールからのお返事は、併用OKいうことでしたが、

 

ビーグレンからのお返事は違いました。

 

ハイドロキノン配合化粧品同士を併用してしまうと、

 

トータルのハイドロキノン濃度が上がってしまい、

 

肌に刺激を感じる可能性があるから

 

併用は控えて欲しい!

 

というお返事でした。

 

 

 

というわけで、

 

アンプルールとビーグレンの化粧品は併用してもいいけれど、

 

ハイドロキノンが配合されている化粧品同士の併用は

 

やめておいたほうがいいようです。

 

 

 

アンプルールとビーグレンを併用するともっと効果的!?

ハイドロキノンは併用しちゃだめなのはわかったけど、

 

アンプルールとビーグレンを併用するともっと効果がある

 

っていうのは、どれとどれのことなの?

 

ってことで、それも調べてみました。

 

どの化粧品を併用するのが一番いいの?

ズバリ!

 

アンプルールのコンセントレートHQ110

 

ビーグレンのCセラム

この2つです。

 

なぜこの2つなのか?理由はこうだった

アンプルールのコンセントレートHQ110はスポット使い用美容液で

 

ハイドロキノン配合量2.5%と、濃度の高いクリームです。

 

シミの気になる部分に塗って集中的にケアできます。

 

一方ビーグレンのハイドロキノン配合の化粧品は

 

QuSomeホワイトクリーム1.9ですが、

 

ハイドロキノン配合量が1.9%と比較的低めで、

 

しかも顔全体に使えるクリームです。

 

どちらかというと肌全体にシミがこまかくある場合などに

 

オススメなクリームです。

 

 

顔全体じゃなくて、気になるこのシミにぐっと効かせたい!

 

っていう場合には

 

アンプルールの濃いクリームの方がオススメです。

 

 

 

ビーグレンのCセラムにはピュアビタミンCが配合されています。

 

シミの還元作用が高いけれど不安定で

 

化粧品に配合するのが難しいピュアビタミンC

 

ビーグレン独自の技術で安定させることで、

 

安心して肌に使うことができる美容液です。

 

 

アンプルールにはピュアビタミンC配合の化粧品はありません。

 

顔全体のシミ予防&薄いでき始めのシミにも対処したい!

 

っていう場合には、ビーグレンのCセラムがオススメです。

 

 

というわけで!

 

この2つを併用することで、

 

気になって仕方ない特定のシミにはスポット使いできる

 

コンセントレートHQ

 

顔全体のシミ予防&でき始めの薄いシミの還元には

 

Cセラム

 

という最強効果の組み合わせになる!という訳です(*^-^*)

 

併用して使った場合の値段は?

ちょっと、、、いやかなり気になるのがお値段ですよね。

 

アンプルールもビーグレンも、定期便などで数品買うと

 

割引がかなり効いて安くなるから、

 

それぞれで買ったら結構高くなっちゃうんじゃない?

 

とそれも気になったので調べてみました!

 

こんなに安くなるの!?定価より25%も安く買う方法↓↓

アンプルールとビーグレン 価格が安いのはどっち?

 

 

コンセントレートHQ110 アンプルール Cセラム ビーグレン 合計
定価 10800円 5076円 15876円
定期便 9720円 10%OFF 4822円 5%OFF 14008円 (定価より11%OFF)
定期便(5個まとめ買いした場合) 1個当たり

9720円 10%OFF

1個当たり

3807円 25%OFF

13527円 (定価より14%OFF)

毎月普通に定価で買った場合は15876円

 

定期便やまとめ買いなどを駆使して、最大限安く買うと

 

13527円でした。

 

まとめ

大事なポイントとしては、

 

ハイドロキノン配合化粧品同士は併用しない、

 

っていうことですね。

 

いくらシミに効果があるといわれているハイドロキノンでも

 

肌に負担になってしまうような使い方をしては本末転倒です。

 

本記事を参考にしていただいたけれど、

 

やっぱり併用して大丈夫か気になる、という場合は、

 

カスタマーセンターに気軽に聞いてみてくださいね(*^-^*)

 

-アンプルールとビーグレン比較
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

気になるニキビ跡 効果があるのは?アンプルールvsビーグレン

大人になってからニキビ跡に   悩まされることになるなんて…………   最近ホルモンバランスの乱れからか   フェイスライ …

アンプルールとビーグレン 価格が安いのはどっち?

アンプルールもビーグレンも、   肌がとっても綺麗になるから大人気ですよね!   シミに効果バツグンのハイドロキノンが入っているし、   ビタミンC誘導体とか色々な美肌成 …