アンプルールとビーグレン 価格が安いのはどっち?

【この記事を読むと分かること】

・アンプルールとビーグレン、どっちが安いのか?

・割引や定期便を最大限使った場合、どっちの方が安い?

継続して使うとすると、どっちの方が安いのか?

 

調べてみました。

 

アンプルールとビーグレンの価格はどっちが安い?

アンプルールとビーグレンの定価を比較!

まず定価を比較します。

アンプルール ビーグレン
洗顔 4,400円 4,290円
化粧水 5,500円 5,500円
美容液 11,000円 6,600円
クリーム 4,730円 7,700円
合計 25,630円 24,090円

※比較したのは、アンプルールとビーグレンのホワイトニングシリーズです。

 

単純に定価でそろえた場合、

 

ビーグレンの方が1540円安いです。

 

では、割引を含めた価格を比較してみましょう。

 

割引を含めた金額はどっちが安い?

一番割引率が高い購入方法である、定期便で買った場合

 

比較を表にしてみました。

アンプルール ビーグレン
洗顔 1,760円 3,217円
化粧水 4,400円 2,750円
美容液 5,866円 4,950円
クリーム 3,784円 3,850円
合計 15,810円 14,767円

※公式HPの使用期間(短い方)で1か月分にならした金額です

 

割引を最大限利用した場合の1か月分の金額は

 

ビーグレンの方が1,043円安いです。

 

価格でも、割引率でも、ビーグレンの方が安くなりますね。

 

トミコ
トミコ

定価でも割引後でも、

アンプルールよりもビーグレンの方が安い!

アンプルールとビーグレン それぞれの割引内容

アンプルールとビーグレンが一番安く買えるのが定期購入です。

 

amazonや楽天でも販売してたので、そこの価格も比較してみたんですけど、

 

定期購入が一番安く購入できることがわかりました

 

気に入って長く使ってくれる定期便だからこその

 

割引率の高さってわけですね。

 

それぞれの定期便の内容はというと

アンプルール ビーグレン
割引率 10% 5~25%(注文数で変動)
定期便対象化粧品 28品 16品
送料手数料 無料 無料
定期便の変更中止 解約月数の縛りなし 解約月数の縛りなし

 

アンプルールは定期便にすると一律20%OFFなのに対して

 

ビーグレンは注文数で割引率が変わります。

1品5% 2品10% 3品20% 4品25%

という割引率です。

 

値段が安いのはビーグレン

定価でも割引後でも、

 

価格面ではビーグレンの勝利という結果になりました。

 

どっちにしようか迷ってる、あとは値段次第!と選びかねていた方は、

 

ぜひ参考にしてみてください(*^-^*)

 

 

値段だけじゃ比べられない?

もっと詳しく知りたい方は合わせてこちらの記事もどうぞ

↓↓

アンプルールVSビーグレン徹底比較!シミをなんとかしたい人はこの化粧品

コメント